HOME > 導入事例 > 不動産ディベロッパー > 伴走支援、メンタリング

伴走支援、メンタリング

◆業界・依頼時の状況

大手不動産デベロッパーで、アイデアコンテストを実施し、複数のアイデアが審査を通過した。チームではなく個人応募の案も通過したが、一人なので思考が煮詰まったり、軌道修正ができなくなっている。通り一遍のアドバイスをするメンターではなく、一緒に悩みを考えて方向性を示してくれるメンターに伴走してほしい。

◆サービス内容と成果

一次審査通過後から二次審査までの期間、同一コンサルタントが1-2週間に1回程度対面およびオンラインでのメンタリングを実施。毎回担当者から進捗を確認して、悩んだりつまづいたりしたポイントをピックアップして解決策を議論し、次回メンタリングまでの計画を立てることを繰り返した。また、メールでの質問や、ヒアリングの場の設定もおこなった。

◆クライアントからの評価

無事に二次審査で社長プレゼンを通過、評価を得て事業化フェーズに進むことができた。アドバイスの質、社内事情を踏まえた的確な示唆、状況変化に対して柔軟に対応して頂けるなど、当社の求めるレベルに合ったサービスであるため、翌年度の審査通過者に対しても同様のサービスを実施して頂いている。