HOME > 導入事例 > サービス業 > 社内ビジネスコンテスト応募者向け支援

社内ビジネスコンテスト応募者向け支援

◆業界・依頼時の状況

不動産を中心に複数の業種にまたがる事業展開をおこなっている同社は、「不動産に囚われない」や「DX」等のテーマでビジネスコンテストを企画したところ、100人を超える応募がありました。しかし、応募者のほとんどは新規事業に興味はあるもののその経験やノウハウはないため、手法を学ばせたいと研修の実施を検討されていました。

◆BDSPへの発注理由

以前弊社コンサルタントが同社に研修を実施したことがあり、その受講者からの推薦でワークショップの導入に至りました。

◆サービス内容と成果

ビジネスコンテストに応募または新規事業に興味のある方を対象にアイデア発想のワークショップを3回実施、更に各アイデアに個別メンタリングを実施しました。それらのアイデアに対して一次審査が行われ、通過者に対しては事業計画の詳細を検討するワークショップと実証実験での仮説検証の方法をレクチャーし、定期的にメンタリングを実施しました。二次審査には担当チームメンバーとともにコンサルタントも参加し、審査員からの懸念事項にも専門的なアドバイスを提供しました。

◆クライアントからの評価

ワークショップ受講者の声:「他の会社の人とも話ができて思いもつかない発想ができて楽しかった。」「もっと時間をかけてゆっくり学びたかった。」

メンタリング対象チームの声:「悩むことも多かったですが毎回的確なアドバイスをもらうことができました。審査会前には迷いも出ましたが、それまでの過程を知っているコンサルタントからアドバイスを受けて、自分たちのやってきたことに自信が持てました。」

事務局の声:「研修やメンタリングでは大変お世話になりました。無事経営陣の審査も通過するレベルの事業プランに育ち、大変感謝しております。」

◆その後のプロジェクトや事業の進捗

無事担当チームが最終審査を通過し、予算もついて事業化に向けての一歩を踏み出しました。仮説検証の段階でかなり綿密に準備を行ったため、今後のステップはスムーズに進められることを期待しています。
弊社の事業開発の手法で、次期応募者に対して再びワークショップを実施することも決まりました。