HOME > 導入事例 > 機械メーカー > 事業化に向けた伴走支援

事業化に向けた伴走支援

◆業界・依頼時の状況

機械メーカーで、特定市場において世界シェア5割以上の会社。現状に満足せず、新規事業の展開を目的として数年前から新規事業開発部門を創設し、社内でアイデアコンテストを実施しているが、事業化までに至っていない。

昨年度のアイデアコンテストの社内審査を通過したプランについて、事業化に向けて次のステップに進めるためのアドバイスをしてほしい。

◆当社への依頼理由

新規事業に関して1日の研修を実施し、実際に新規事業を遂行することになる受講者の意見を集めたところ、当社の研修内容が好評で、その後の伴走支援のパートナーに選定された。

◆サービス内容と成果

新規事業開発部門及び、アイデアコンテストで選ばれた事業部のメンバーに対して、第一段階として新規事業開発の進め方について研修を実施し、社内で進め方や考え方を共通化した。 その後、審査通過チームに対して6か月間の伴走支援を実施した。

アイデアから事業計画を策定するためのプロセスを導き、必要な情報を得るために誰にどのようにヒアリングを実施するのかや、社内で上長を説得するための発表や議論の方法をアドバイスした。

◆クライアントからの評価

伴走支援で必要な時に的確なアドバイスを受けることができ、都度軌道修正をしてもらい、短期間に次のステップに進めることができた。今後も事業化が実現するまで、定期的に相談にのってもらいたい。

事務局からの審査の設計過程での疑問点もクリアにしてもらえた。 他のメンバーからも要望が出ていて、今後新規事業部門の全員で研修を受けて、新規事業開発のステップを共通言語化していきたい。新規事業部門以外にも展開することで、社内のマインドを変えていけるのではないかと期待している。

◆その後の進捗

改めて役員会で承認が降り、事業化に向けてプロジェクト継続が決定となった。