f

BDアカデミアのプログラムで提供するのは、実践的スキルの習得です。事業開発にかかわる様々な重要理論をもとに、数多くの事業開発の現場を経験した専門家が必要と考えるスキルをコンパクトに学ぶことができます。
アイデア出しからビジネスモデル作成までを経験しながら、事業開発を効率的かつ確実に進める「型」を身に着けるだけでなく、ビジネスパーソンに必要不可欠な重要スキルも習得できるように設計されています。

また、このプログラムでは受講者同士や各社の新規事業担当者、予備軍のヨコの繋がりを作る仕掛けをたくさんご用意しています。事業開発は孤独なもので社内に経験者、協力者が少ないことも珍しくありません。プログラム修了後も当アカデミアの卒業生のコミュニティ「BD道場」にご参加いただけます。将来に渡りご自身の事業開発のコミュニティが維持、拡大され、事業開発を推進し続けるモチベーションとなるだけでなく、かけがえのない人脈となります。

事業開発に携わる方々がオープンに交わるイノベーションの場を提供しておりますので、是非ご参加ください。

特 徴

  • 事業開発の専門家が開発

    BDアカデミアのプログラムは、事業開発の第一人者である秦充洋が長年の経験をもとに開発したもので、日本を代表する多くの企業、日経BP社ほかのオープンセミナーや一橋大学、早稲田大学ほか有力ビジネススクール等でも提供され、高い評価を得ています。

  • 大企業での事業開発にフォーカス

    本プログラムは大企業に必要な内容を全て取り込むことで大企業だからこその組織課題の解決や、既存事業の見直しにも有効な内容になっています。

  • ケーススタディではなく実際の業務課題を用いる

    知識のインプットにとどまらず、実践で使えるレベルに高めるために、ケーススタディではなく、参加者の実際の業務課題を用いてプログラムを進行します。出来合いのケースではなく実際の課題を用いることで、プログラム修了後に業務に反映されるアウトプットが圧倒的に変わります。

  • オープンイノベーションの機会が広がる

    グループワークを多く行い、他社人材とのヨコの連携、コミュニティを構築できるよう設計されています。受講中に構築されたコミュニティが継続されるよう、修了後も定期的に交流ができるよう促し、勉強会(BD道場)を行うなど、将来に渡って活用可能な人脈を形成することができます。

事業開発プログラム コース

全7回のセッションを通じて、事業開発の「型」を学びながら、実際にグループで事業プランを検討・作成し、最終回に発表します。チームで協力しながら事業開発の成果を出す基本プロセスとスキルを身に着けると同時に、新しい取り組みを行う際の組織課題(あるべき仕組み、上司説得、社内の巻き込み)についても考えます。

Day01Day02Day03Day04Day05Day06

戦略策定と組織変革・IBMの変革のケース
・戦略-組織の基本フレームワーク

顧客への提供価値を考える・ターゲット顧客の絞り方と拡げ方
・顧客を理解するということ

マネタイズモデルの考え方・事業特性.収益性に大きなインパクト
・マネタイズモデルの類型

事業の変革と創造、その発想法・事業変革と創造の基本ステップ
・事業コンセプトを発想する

ビジネスモデルとは・サービスドミナントモデルの衝撃
・バリューチェーンを考える

事業プラン発表と実行体制・プラン発表
・事業化のハードルを超えるには

リーダーシップセッション

プログラムを進める上で必要な参加者同士の
相互理解と交流を深めるセッション

・アイスブレイク
・各自の課題意識の共有
・初期ディスカッション

※期間3か月。2週に1回の計7回。
Day0のリーダーシップセッションのみ4時間、
Day1~Day6は平日夜2.5時間。

このような方にお勧めです

・顧客から新しい革新的なアイデアを提案してくれと言われた
・本業がじり貧、これからどうしたらいいのだろうか
・事業開発部に異動になったが経験がなく不安だ
・技術部所属なのに、その技術を事業化してみろと言われてしまった
・もう数年やっているが、どうもうまく進まない
・これまで独学でやってきてそれなりにうまくいっているが、事業開発の手法があるなら学んでみたい

問題解決プログラム コース

今やロジカルシンキングはビジネスパーソンにとっての基本素養ですが、「用語は知っている」・「研修を受けたことがある」にも関わらず、実務で活用できない方は少なくありません。当プログラムでは全7回を通じて各参加者の実際の業務課題を検討していくことで、戦略コンサルタントが使っているノウハウを実践で使えるレベルで身につけます。

Day01Day02Day03Day04Day05Day06

すべて通じる問題発見の極意・生産性の高い議論の進め方
・「あるべき姿」から考える問題発見のコツ

課題特定の技術と実践・課題特定のための分解の切り口
・感度の良い切り口とは

マネジメントに必要な発想と思考・ゼロベース思考、論点・フレームワーク思考
・仮説思考と仮説検証(ファクトと数字)

問題解決プロセスとそのマネジメント・問題解決の基本プロセス
・分解すれば解決しやすくなる

原因の究明から解決策へ・因果関係を明らかにする
・革新的な解決策を考える

プレゼン演習と説得・交渉の技法・ストーリー作りのコツ
・ファシリテーション、ネゴシエーション

リーダーシップセッション

プログラムを進める上で必要な参加者同士の
相互理解と交流を深めるセッション

・アイスブレイク
・各自の課題意識の共有
・初期ディスカッション

※期間3か月。2週に1回の計7回。
Day0のリーダーシップセッションのみ4時間、
Day1~Day6は平日夜2.5時間。

このような方にお勧めです

・ロジカルシンキングは学んだが、実務で使えていない
・実務で使える実践的なビジネススキルを身に着けたい
・論理的な考え方や、基本的なビジネススキルが弱い気がする

BD道場

BD道場とは、BDアカデミア卒業生のための「相互研鑽コミュニティ」です。
事業開発を推進するには、絶えず最新の情報を入手、理解することはもちろんのこと、社内外を問わない広範で良質な人脈が必要となります。BDアカデミアで培われた人脈を陳腐化させないために、卒業後も定期的に勉強会やネットワーキングイベントを行い、BDアカデミア卒業生同士の交流を促進させます。事業開発関連のホットトピックを扱うワークショップや、参加者が持ち込む課題の検討等、BD道場の内容は多岐に渡ります。
各プログラムの修了者は、自動的にBD道場のメンバーとなり、志を同じくする仲間や、すぐに相談できるコーチと定期的にFace to Faceで会うことができます。
コミュニティのつながりを重視するため、各種イベントの告知・募集はウェブサイト等では行わず、卒業生にのみ案内します。

BD道場